So-net無料ブログ作成

高湯温泉紀行 [その他]

日々、夕暮れが早くなり、寒くなってきた。
久しぶりのブログ更新です。
かつては週刊ペースだったのが、月間ペースになってきた・・・。

寒いと言えば、思い浮かぶのは温泉だ。
好きな温泉のひとつ、福島市の高湯温泉に先週ドライブしてきた。
吾妻スカイラインに入る手前、硫黄泉の温泉宿が立ち並ぶ、古くからの温泉街だ。

MapTakayu.gif

温泉街の入り口にある、「玉子湯」と言う老舗の宿に立ち寄った。
お風呂はほんのりと硫黄の臭いと、白濁したお湯。
洗い場のある内湯で体を流した後は、いったん服を着て外にある露天風呂に行った。
生憎小雨が降っていたけど、先に内湯で温まっていたので、さほど苦にならない。
露天風呂は紅葉が始まった庭の中にしつらえており、趣のある茅葺屋根や東屋風の建物だ。
露天だけでも4つのお湯があり、泊まった際には、いろいろと入り比べてみるのも良さそうだ。
今回はその中の一つ「天祥の湯」に入ったが、岩組みの風呂で、湯温は少し熱めだったけど、慣れるほどに心地良くなってくる。
温泉成分と思われる沈殿物が、浴槽の底から舞い上がり、とても濃厚な感じがする。
お風呂の様子は、公式サイトから写真を拝借した。
20101030hukushima 001.jpg
20101030hukushima 013.jpg20101030hukushima 014.jpg

次に共同浴場の「あったか湯」にハシゴした。
こっちは外来のみで、入浴料はたったの250円。
屋根がかかった半露天風呂で、雨も気にせず入ることができる。
温泉で心も体も温かく、肌もスベスベ、「温泉のある国に生まれてよかったな~」、と思ったのである。

20101030hukushima 002.jpg20101030hukushima 015.jpg

せっかくのドライブなので、少し周辺観光も。
福島市内にある「アンナガーデン」と呼ばれる公園に寄ってみた。
こちらはアンナ教会を中心とした敷地内に、結婚式関連施設や雑貨屋、食べ物屋、などなどお洒落雰囲気のスポットだ。
昼時なので、ピザ屋に入って食べたけど、釜で焼くパリパリ生地のピザは、とっても美味かった~。
雑貨屋やアンティークショップなど、元々お洒落なものはどう撮影してもお洒落な感じになるのだが、白黒で撮ってみると、なんだか映画にでも出てきそうな、違った雰囲気に見えて面白い。

20101030hukushima 004.jpg
20101030hukushima 005.jpg20101030hukushima 006.jpg
20101030hukushima 009.jpg20101030hukushima 010.jpg

20101030hukushima012.jpg20101030hukushima 003.jpg
20101030hukushima 008.jpg20101030hukushima 011.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。